包茎治療の種類

包茎治療の種類

包茎治療といっても、包茎手術から自宅療法までさまざまな種類があります。ここでは多くの包茎治療方法を”医療機関で切る手術””医療機関で切らない治療””自宅で治療”というジャンルわけで紹介しています。

医療機関で包皮を切る包茎手術

古くはパイプカットから、部分切除・部分切開縫合とさまざまな種類があります。切る部分や切り口の形や切除するのか皮の縫い合わせを変えるだけなのかなど症状にあわせたさまざまな方法があり、勃起時と通常時でのペニスの大きさ違いによって手術方法も使い分けられています。

中には美容外科などで独自性を出すために名称だけオリジナルぽい名前をつけているものも、あるため名称の数は無数にあると考えられます。

医療機関で切る包茎手術の費用などについては”包茎手術について”をご覧ください。

医療機関で包皮を切らない包茎治療

メスを使わない包茎治療です。包皮の向き癖をつける為のナチュラルピーリングからペニスそのものを大きくするといったものまであります。ただし、症状の軽い場合のみしか行えない場合が多いです。

また包皮を切ることに対しての恐怖感を逆手に取ったような、ヒアルロン酸注入による亀頭拡大というような一時的な効果で高額なものも多いですので、症状がかるいのであればわざわざ治療する必要はないです。

医療機関で切らない包茎治療も”包茎手術について”をご覧ください。

自宅で出来る包茎治療

器具を使って剥き癖をつけたりするというもので、誰にも知られずに自分で仮性包茎の治療として主に行うことが多いです。当然のことながら、医療機関で行うもののように確実性はなく真性包茎・かんとん包茎には効果薄で、仮性包茎の治療としても当人の根気が必要です。自宅での包茎治療については”自宅治療について”をごらんください。