包茎の悩みを解消

包茎の悩みを抱えた皆様へ

包茎に悩んでいる皆様へ向けたコンテンツです。

日本では、一般的に包茎は恥ずべきこととされているような風潮があるが、世界に目を広げてみると日本およびアジアの一部を覗けば、包茎に対してなんの偏見ももたれていないというのが事実でもあります。なんというか寂しいですね。力強さと若き人間の美しさの象徴とも言われるダビデ像(ミケランジェロ)だって包茎なんですよ。

包茎とは

包茎とは、ペニスの亀頭部分が一部ないし全て包皮で覆われている状態の事を示します。

また包茎は、亀頭を覆っている包皮の状態や程度により真性包茎・仮性方形・かんとん包茎の三種類で分けられています。それぞの特徴を簡単に説明しますので、自分がどれに当てはまるのか考えてみてください。

真性包茎

真性包茎は、常に完全に包皮が亀頭を包み込んでいて、包皮を反転させて亀頭を露出させることが不可能な状態のことを指します。日本人の成人男性の2%弱が真性包茎であると言われています。医学的にも問題があり、早急な手術を行うことをオススメします。

仮性包茎

仮性包茎は、通常時は包皮が亀頭を包み込んでいますが、勃起時には亀頭が包皮から出てくる状態のことを指します。勃起時に包皮が亀頭を包んでいても手を使っても向いた状態を保つことが出来るのであれば仮性包茎です。日本人の成人男性の80%以上が仮性包茎であると言われています。医学的には、仮性包茎は包茎として分類されておらず正常であると言われています。当サイトでも仮性包茎は包茎ではない非包茎という認識であつかっています。別名アンカットペニス。

かんとん包茎

かんとん包茎は、包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)が起こっているペニスの事です。包皮輪狭窄とは、亀頭の先端を覆う包皮が狭い状態のことを指します。包皮輪狭窄がおきていると、通常時は亀頭を包皮から露出することが出来ますが、亀頭の先端を覆う包皮が狭いため締め付けられ勃起時には包皮から亀頭を露出させることが出来なくなってしまいます。最悪の場合、組織の鬱血から壊死という可能性も十分考えられるため、早急な手術を行うことをオススメします。真性包茎よりも早急な対処が必要です。

包茎の種類と解説

包茎手術について

自宅治療について